プロフィール

東京都千代田区飯田橋 特定社会保険労務士 小高 東
代表プロフィール

登録番号

特定社会保険労務士 第11990041号

特定社会保険労務士とは、

平成24年に厚生労働省が発表した、行政窓口の総合労働相談件数は、110万件(平成23年度)を超え、高止まりの状況であり、このうち、民事上の個別労働紛争」(会社と社員との紛争)相談件数、助言・指導申出件数は年々増大し、いずれも過去最高を記録した。 この個別労働紛争を解決するために、行政機関を介して、あっせんの手続きを代理できる資格のこと。 

社会保険労務士の有資格者が一定の研修終了後、試験に合格したときにあたえられる国家資格。 

所属等

東京都社会保険労務士会・千代田支部、東京商工会議所他

経歴

明治大学政経学部卒業後、㈱インテック勤務を経て

平成13年 東社会保険労務士事務所開業~現在に至る

(公職)東京都社会保険労務士会 代議員 

         千代田統括支部 広報委員長(平成27年~)

    千代田統括支部 開業部会 副部会長(平成25~26年度)

(表彰)社会保険労務士制度40周年 感謝状(H20.11)他

行政協力

「雇用安定化相談支援事業」雇用管理改善支援アドバイザー、

臨時労働保険指導員、

社会保険事務所算定相談員、千代田区役所相談員他

著書

「労働・社会保険の書式・手続完全マニュアル」、

「社会保険労務士業務書式完全パッケージ」、

「会社総務の書式様式集」(日本法令共著)他。

月刊誌等

本経済新聞夕刊(2014/2)「人事面談とプライバシー

BUSINESS TOPICS(2014/2)「はじめが肝心!雇用契約」

BUSINESS TOPICS(2013/8)

「最新メンタルヘルス事例と労災認定」

BUSINESS TOPICS(2013/3)

「事例にみる「賃金カット」の判断基準

(みずほ総合研究所)

企業実務(2012/4)「慶弔休暇の付与で押さえておくべき労務実務」

(日本実業出版社)

月刊ビジネスアスキー「特別付録ビジネス救急箱」、

月刊経理ウーマン「プロが選んだ使える助成金厳選20」、

「パートタイマーについて」、 「両立支援について」。

月刊ビジネスガイド「高年齢者雇用継続給付」他。

講師等

経営層セミナー(2013/2)「メンタルヘルス対応の労務管理」

務・人事・経営者労務管理セミナー

「労使トラブルから学ぶリアル労務管理」、

中間管理職セミナー

「健全な会社運営を支える中間管理職の役割」、

中央労働基準監督署新規加入事業場説明会

「雇用保険と社会保険について」 、

中央労働基準協会「衛生管理者試験労働基準法」、

日本法令開業講座、

リクルート アントレ FC&独立開業フェア 専門家相談員、

NHK電話取材

「新卒者体験雇用奨励金について」、「震災に伴う解雇について」他

 

メンタルヘルス事例と労災認定
「最新メンタルヘルス事例と労災」執筆
賃金カットの判断基準
「賃金カットの判断基準」執筆
労働基準監督署対応
「労働基準監督署対応の基本Q&A」執筆
雇用契約
「はじめが肝心!雇用契約」執筆
休憩
「職場の休憩の与え方8つのQ&A」執筆
ビジネス救急箱
「ビジネス救急箱」各種コメント

お問合せ窓口

03-3265-3335

(受付時間10:00~18:00)

東京都千代田飯田橋3-6-7-301

東 社会保険労務士事務所 

労務管理相談、就業規則、東社会保険労務士事務所(東京都千代田区)
お気軽にご相談下さい!

メールでのお問合せ