労働契約法とは

H19/12制定、H20/3/1~施行
▽労働契約についての基本的なルールが明らかにされ、
個別労働紛争の防止、個別労働関係の安定等が期待されている。

 

☆労働契約法が生まれた背景
 就業形態が多様化し、労働者の労働条件が個別に決定・変更されるようになり、

個別労働紛争が増加している。紛争の解決の手段としては、裁判制度のほかに、

個別労働紛争解決制度(H13~)、労働審判制度(H18~)の整備がすすんできたが、

このような紛争を解決するための労働契約についての民事的なルールをまとめた法律は

なかった。
 厚生労働省の諮問機関である労働政策審議会が、様々な角度から議論して策定した。

★労働基準法との違い
 労働契約法は民法の特別法(私法)である。労働契約法に違反した場合の罰則は特に

決められてはいないが、個別労働紛争における民事訴訟等では基準となる。
 会社にとっては損害賠償に発展する可能性もあり、当然、無視できない大事な法律である

 

 一方、労働法である労働基準法、労働安全衛生法等は、違反すると罰金・罰則もある

強行法の刑罰法規(刑法の特別法)であり、公法(行政法)である。

労働契約法(条文&解説)

メンタルヘルス事例と労災認定
「最新メンタルヘルス事例と労災」執筆
賃金カットの判断基準
「賃金カットの判断基準」執筆
労働基準監督署対応
「労働基準監督署対応の基本Q&A」執筆
雇用契約
「はじめが肝心!雇用契約」執筆
休憩
「職場の休憩の与え方8つのQ&A」執筆
ビジネス救急箱
「ビジネス救急箱」各種コメント

お問合せ窓口

03-3265-3335

(受付時間10:00~18:00)

東京都千代田飯田橋3-6-7-301

東 社会保険労務士事務所 

労務管理相談、就業規則、東社会保険労務士事務所(東京都千代田区)
お気軽にご相談下さい!

メールでのお問合せ