4.労働契約申込みみなし制度

▽派遣先に課される4つの責務▲
 
4.労働契約申込みみなし制度 
 
▽平成27年10月1日施行
■派遣先が違法派遣と知りながら派遣労働者を受け入れている場合、
 違法状態が発生した時点において、派遣先が派遣労働者に対して労働契約の申し込み
 (直接雇用の申し込み)をしたものとみなす制度。
▲但し、違法派遣について、派遣先に過失がない場合を除く

■背景
違法派遣の是正に伴う労働者への影響等
●違法派遣の是正が派遣労働者の不利益(派遣労働者の雇止め、解雇等)に繋がる場合がある

●同じ事業主の下、違法を繰り返す派遣先の増加

労働契約申込みみなし制度の対象となる違法派遣
●労働者派遣の禁止業務に従事させた場合 ※禁止業務→港湾運送業務・建設業務等

●無許可・無届の派遣元事業主から労働者派遣を受け入れた場合

●派遣可能期間を超えて労働者派遣を受け入れた場合

●いわゆる偽装請負の場合
(請負等の名目で、派遣契約を締結せずに労働者派遣を受け入れた場合)

 

東社会保険労務士事務所ホーム

メンタルヘルス事例と労災認定
「最新メンタルヘルス事例と労災」執筆
賃金カットの判断基準
「賃金カットの判断基準」執筆
労働基準監督署対応
「労働基準監督署対応の基本Q&A」執筆
雇用契約
「はじめが肝心!雇用契約」執筆
休憩
「職場の休憩の与え方8つのQ&A」執筆
ビジネス救急箱
「ビジネス救急箱」各種コメント

お問合せ窓口

03-3265-3335

(受付時間10:00~18:00)

東京都千代田飯田橋3-6-7-301

東 社会保険労務士事務所 

労務管理相談、就業規則、東社会保険労務士事務所(東京都千代田区)
お気軽にご相談下さい!

メールでのお問合せ