平成21年度サービス残業是正状況

平成22年10月21日、厚生労働省発表

▽平成21年度賃金不払残業(サービス残業)是正結果

 

■対象事案
 全国の労働基準監督署が、残業に対する割増賃金が不払になっているとして

労働基準法違反で是正指導した事案のうち、

1企業当たり100万円以上の割増賃金が支払われた事案の状況

■結果
1.是正企業数:1,221企業 (前年度比332企業の減)

2.支払われた割増賃金合計額:116億298万円 (同80億1,053万円の減)

3.対象労働者数:11万1,889人 (同 6万8,841人の減)

4.割増賃金の平均額:1企業当たり950万円

5.1企業での最高支払額
 1位:12億4,206万円」(飲食店)
 2位:11億  561万円」(銀行・信託業)
 3位: 5億3,913万円」(病院)

■考察
 厚生労働省は「経済情勢の厳しさから残業自体が少なくなっていることが原因」と分析して

いるが、都道府県労働情報センター、ユニオン(団体交渉)、弁護士等による未払い残業請求

が進攻しており、退職した従業員が駆け込む先が劇的にシフトしていることも考えられる。

 

東社会保険労務士事務所ホーム

メンタルヘルス事例と労災認定
「最新メンタルヘルス事例と労災」執筆
賃金カットの判断基準
「賃金カットの判断基準」執筆
労働基準監督署対応
「労働基準監督署対応の基本Q&A」執筆
雇用契約
「はじめが肝心!雇用契約」執筆
休憩
「職場の休憩の与え方8つのQ&A」執筆
ビジネス救急箱
「ビジネス救急箱」各種コメント

お問合せ窓口

03-3265-3335

(受付時間10:00~18:00)

東京都千代田飯田橋3-6-7-301

東 社会保険労務士事務所 

労務管理相談、就業規則、東社会保険労務士事務所(東京都千代田区)
お気軽にご相談下さい!

メールでのお問合せ