平成24年度個別労働紛争状況

▽平成25年5月31日、厚生労働省発表

 

 厚生労働省が平成24年度個別労働紛争解決制度の施行状況をまとめた。

 

□個別労働紛争解決制度の利用状況
 ●総合労働相談件数:106万7,210件(前年度比3.8%減)
 →うち、民事上の個別労働紛争相談件数:25万4,719件(0.6%減)

 ●助言・指導申出受付件数:10,363件(8.1%増)


 ●あっせん申請受理件数:6,047件(7.1%減)

 *( )内は、23年度比較。

△解説
 個別労働紛争解決制度は、平成13年10月の施行から今年で12年の節目を迎える。

1.相談、助言・指導件数は高止まり
  総合労働相談は5年連続で100万件を超えており、

 民事上の個別労働紛争に係る相談件数は、高止まりである。


2.相談内容は「いじめ・嫌がらせ」がトップ
  「いじめ・嫌がらせ」に関する相談は、増加傾向にあり、51,670件。

 民事上の個別労働紛争相談の中で最も多かった。

 

3.助言・指導申出件数が過去最多
  助言・指導申出件数は、制度施行以来増加傾向にあり、初めて1万件を超えた。
 あっせん申請件数はやや減少した。

4.迅速な処理を実現
  助言・指導は1ヶ月以内に97.4%、あっせんは2ヶ月以内に93.8%が処理終了。 

メンタルヘルス事例と労災認定
「最新メンタルヘルス事例と労災」執筆
賃金カットの判断基準
「賃金カットの判断基準」執筆
労働基準監督署対応
「労働基準監督署対応の基本Q&A」執筆
雇用契約
「はじめが肝心!雇用契約」執筆
休憩
「職場の休憩の与え方8つのQ&A」執筆
ビジネス救急箱
「ビジネス救急箱」各種コメント

お問合せ窓口

03-3265-3335

(受付時間10:00~18:00)

東京都千代田飯田橋3-6-7-301

東 社会保険労務士事務所 

労務管理相談、就業規則、東社会保険労務士事務所(東京都千代田区)
お気軽にご相談下さい!

メールでのお問合せ