育児休業給付の充実(雇用保険法改正)

▽平成26年4月1日施行

平成26年4月1日以降に開始する育児休業から育児休業給付金の支給率を引き上げる。

 

■育児休業給付金の支給率は、これまでは、全期間について50%であったが、

4月1日以降に開始する育児休業からは、

育児休業を開始してから6月(180日目)までは、

休業開始前の賃金の67%を支給し、7月目(181日目)からは、

従来どおり休業開始前の賃金の50を支給する。

 

■母親とともに父親も休業する場合(「パパ・ママ育休プラス制度」利用時)、

子どもが1歳2ヶ月に達する日の前日までの育児休業に対して、

6月づつ二人合わせて、最大1年まで67%支給する。

育児休業給付金引上げ
H26.4.1以降の育児休業給付金
メンタルヘルス事例と労災認定
「最新メンタルヘルス事例と労災」執筆
賃金カットの判断基準
「賃金カットの判断基準」執筆
労働基準監督署対応
「労働基準監督署対応の基本Q&A」執筆
雇用契約
「はじめが肝心!雇用契約」執筆
休憩
「職場の休憩の与え方8つのQ&A」執筆
ビジネス救急箱
「ビジネス救急箱」各種コメント

お問合せ窓口

03-3265-3335

(受付時間10:00~18:00)

東京都千代田飯田橋3-6-7-301

東 社会保険労務士事務所 

労務管理相談、就業規則、東社会保険労務士事務所(東京都千代田区)
お気軽にご相談下さい!

メールでのお問合せ