脳・心臓疾患と精神障害の労災認定状況

▽平成24年6月15日公表

平成23年度 「脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況(厚生労働省)

 

1.「過労死」など、脳・心臓疾患に関する事案の労災補償状況
(1) 労災補償の「請求件数」は898件で、前年度比96件の増。2年連続で増加した。  
(2) 労災補償の「支給決定件数」は310件(同25件の増)で、4年ぶりに増加に転じた。 
(3) 業種別(大分類)では、請求件数、支給決定件数ともに、「運輸業,郵便業」 (182件、

   93件)「卸売業・小売業」(143件、48件)「製造業」(132件、41件)の順に多い。
(4) 職種別(大分類)では、請求件数は「輸送・機械運転従事者」(173件)、

   「専門的・技術的職業従事者」(124件)、「販売従事者」(113件)の順で多く、

   支給決定件数は「輸送・機械運転従事者」(89件)、「専門的・技術的職業従事者」

   (37件)、「管理的職業従事者」 「サービス職業従事者」(ともに32件)の順に多い。 
(5) 年齢別では、請求件数、支給決定件数ともに「50~59歳」(314件、119件)、

   「40~49歳」(228件、95件)、「60歳以上」(227件、60件)の順に多い。 

 

精神障害に関する事案の労災補償状況
(1) 労災補償の「請求件数」は1,272件で、前年度比91件の増。年連続で過去最高。 
(2) 労災補償の「支給決定件数」は325件(同17件の増)で、過去最高。 
(3) 業種別(大分類)では、請求件数、支給決定件数ともに、「製造業」(216件、59件)、

   「卸売業・小売業」(215件、41件)、「医療,福祉」 (173件、39件)の順に多い。
(4) 職種別(大分類)では、請求件数は「事務従事者」(323件)、

   「専門的・技術的職業従事者」(318件)、「販売従事者」(167件)の順で多く、

   支給決定件数は「専門的・技術的職業従事者」(78件)、「事務従事者」(59件)、

   「販売従事者」(40件)の順に多い。 
(5) 年齢別では、請求件数、支給決定件数ともに「30~39歳」(420件、112件)、

   「40~49歳」(365件、71件)、「20~29歳」(247件、69件) の順に多い。 
(6) 出来事別の支給決定件数は、

   「仕事内容・仕事量の(大きな)変化を生じさせる出来事があった」(52件)、

   「悲惨な事故や災害の体験、目撃をした」(48件)、

   「(ひどい)嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた」(40件)の順に多い。

 

東社会保険労務士事務所ホーム

メンタルヘルス事例と労災認定
「最新メンタルヘルス事例と労災」執筆
賃金カットの判断基準
「賃金カットの判断基準」執筆
労働基準監督署対応
「労働基準監督署対応の基本Q&A」執筆
雇用契約
「はじめが肝心!雇用契約」執筆
休憩
「職場の休憩の与え方8つのQ&A」執筆
ビジネス救急箱
「ビジネス救急箱」各種コメント

お問合せ窓口

03-3265-3335

(受付時間10:00~18:00)

東京都千代田飯田橋3-6-7-301

東 社会保険労務士事務所 

労務管理相談、就業規則、東社会保険労務士事務所(東京都千代田区)
お気軽にご相談下さい!

メールでのお問合せ