労務管理、就業規則作成
詳細はお気軽にお問合せ下さい!

取扱い業務一覧、経営資源「ヒト」に関する事項

労務管理相談、就業規則
プロへの委託はメリット無限大

社会保険労務士への業務委託がもたらす大きなメリット

1.企業経営に専念事業主は複雑な事務手続きから解放)

2.事務手続きの改善スピーディかつ確実な処理)

3.経営の円滑化法改正、助成金等労務管理全般の情報入手)

4.適切なアドバイス事業所に適したアドバイス、指導の享受)

業務メニュー       

概要

1.労務管理相談・指導

労使トラブル防止&解決、経営リスク回避策

 (労働契約、解雇、メンタルヘルス、賃金、異動、

パワハラ、 セクハラ、退職勧奨、年次有給休暇等)

・人事労務管理

(労働時間管理、労働安全衛生、年次有休暇、休憩、

休職、定年、労働3帳簿、36協定、育児・介護休業等)

・パート、有期契約労働者、外国人、高齢者雇用

・派遣、出向、請負

・法改正、助成金情報

・オリジナル書式のご提供

・上級、中間管理職研修

・その他労働社会保険各種

事が起こってからでは、遅いのです。しかしながら、

あっせんや労働審判等の個別労働紛争、あるいは

団体交渉等の労使トラブルに発展してしまった場合でも

会社として説明ができる様に、法令・判例を踏まえた

ステップを踏んでいることがとても重要です。

▲会社がきちんと説明できない場合には、民法上の

不法行為や債務不履行とされ損害賠償責任が発生し、

企業の存続にもかかわってきます。

後の祭りとならないよう、

事前に無用な労使トラブル防止策を講じておくこと及び

常日頃のケアが大切です。

2.会社を守り、社員がやる気を出す就業規則の作成

就業規則、賃金規程、慶弔金規程、育児・介護休業規程、     出張・旅費規程などの診断~作成、変更、届出。

急増している労使トラブル防止及び解決、又、労使共に安心して、気持ちよく働くための職場のルールブックとして就業規則の整備は不可欠です。

3.返済不要の助成金の診断~申請

助成金は一石三鳥

(労働環境整備、社会貢献、国からお金が受給。)

・助成金は生き物です。そのときの雇用環境、経済状況に応じて新設、統廃合され、時代を映す鏡とも言えます。

・助成金は黙っていては受給できません。情報収集~

計画申請、支給申請までタイミングが命です。

→今どんな助成金があるのか、知らないと損をします。

経営者、人事総務担当者は押さえておくべきです。

4.労働保険適用~給付等

手続代行

労災保険、雇用保険の加入~給付の相談、手続き、

年度更新、法改正情報のご提供

■労災保険

 療養補償給付、休業補償給付、第三者行為災害届等

※特別加入(労働保険事務組合)対応

■雇用保険

 資格取得、資格喪失、離職証明書、氏名変更、転勤届、

外国人雇用状況届、高年齢者及び障害者雇用状況届、

高年齢者雇用継続給付、育児及び介護休業給付等

5.社会保険適用~給付等

手続代行

健康保険、厚生年金保険の加入~給付の相談、手続き、      算定業務、法改正情報のご提供等

■健康保険

 資格取得、被扶養者(異動)届、資格喪失、氏名変更、

高額療養費、傷病手当金、出産手当金、一時金等

■厚生年金

  資格取得、国民年金第3号被保険者、資格喪失、

住所変更、育児休業取得者申出書、年金裁定請求等

6.給与計算業務

わずらわしくもあり、社内では守秘としたい給与計算、
賞与計算、年末調整のアウトソーシング

・賃金規程とリンクした給与明細

→諸手当、時間外、休日、深夜労働、中途入退社、

 欠勤控除、年次有給休暇、育児・介護休業等

・労働社会保険各種手続きとのリンク

→労働保険年度更新、社会保険算定、月次変更、

 離職票、標準報酬、60歳到達、育児休業等賃金登録、

 平均賃金計算、傷病手当金等 

従業員がパソコンや携帯で明細を確認でき、明細書発行や配布が不要となる、ペーパーレス方式である

クラウド型Web給与明細対応済み。

9.労働者派遣事業関係

一般派遣事業、特定派遣事業の許認可申請、調査立会、事業報告書作成、提出等。

10.ADR(あっせん代理)

特定社会保険労務士による、ADR(あっせん代理等裁判外紛争解決手続)

11.三位一体サービス

上記1+4+5+6。

労務管理、労働・社会保険、給与計算の「三位一体」。

メリットの大きいアウトソーシングサービス

 

 

東社会保険労務士事務所ホーム

メンタルヘルス事例と労災認定
「最新メンタルヘルス事例と労災」執筆
賃金カットの判断基準
「賃金カットの判断基準」執筆
労働基準監督署対応
「労働基準監督署対応の基本Q&A」執筆
雇用契約
「はじめが肝心!雇用契約」執筆
休憩
「職場の休憩の与え方8つのQ&A」執筆
ビジネス救急箱
「ビジネス救急箱」各種コメント

お問合せ窓口

03-3265-3335

(受付時間10:00~18:00)

東京都千代田飯田橋3-6-7-301

東 社会保険労務士事務所 

労務管理相談、就業規則、東社会保険労務士事務所(東京都千代田区)
お気軽にご相談下さい!

メールでのお問合せ